GoogleMapsAPIsの使い方

GoogleMapsAPIsを使用すると誰でも無料でホームページに地図を導入できます。

Google Maps APIs Premium Planのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

企業向けに有料で様々な機能を追加するサービスを行っている会社もあります。



しかし一般的なユーザーであれば無料サービスでも十分な機能があり、ホームページの利便性を向上させることができます。GoogleMapsAPIsを使用する方法は非常に簡単です。

APIキーを登録して公開されているコードをコピーします。
HTMLファイルの任意の場所にコードを貼り付ければ地図を表示させることができます。

GoogleMapsAPIsは無料で地図をホームページに表示させるだけでなく、スタイルシートを利用すれば幅や高さなどを自由に変更可能です。


以前は有料の地図サービス会社を利用するのが一般的でした。


地図サービス会社から提供される地図はデザインが決まっているため自由に変更できません。しかしGoogleMapsAPIsの場合には、地図をホームページ上の好きな場所に表示できるだけでなくデザインを自分好みに変えることができます。
また日本のものに限らず世界中の地図を表示可能です。
APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースのことで、ソフトウェアの機能を外部の人々と共有するためのインターフェースを指します。

GoogleMapsAPIsには関連する様々なAPIが存在し、地図に様々な機能を追加できます。



企業などがビジネスを目的としてホームページを作成する場合には、有料の機能追加サービスを利用するとさらに利便性を向上させることが可能となります。