GoogleMapsAPIsを使ってみよう

インターネット上に公開しているブログやホームページ上に店舗や会社の位置を知らせるために地図を載せることは非常に多いです。


その載せられる地図の種類は多く、色々な企業が地図サービスを提供しています。

オンリーワンのGoogle Maps APIs Premium Planのことならこちらのサイトが便利です。

中でも人気で色々なブログやホームページで使われているのはGoogleが提供する地図です。

非常に軽量で色々な情報を載せられ、閲覧者に対して場所を説明しやすくなっています。
また、この地図はカスタマイズが可能で、地図上に特定の文字を表示させたり、ある地点を選択すると写真が表示されたりなどいろいろな機能を追加することが可能です。

その方法ですが、まずGoogleMapsAPIsを利用する必要があります。GoogleMapsAPIsとは地図をカスタマイズする上での重要な仕組みで、特定の文字列をプログラム上に組み込むことで動作します。
多少のプログラム知識は必要になりますが、思ったよりも簡単に組み立てることが可能で、様々な機能の追加が可能です。
なおGoogleMapsAPIsを使用するためには事前にアカウントの登録が必要になります。
無料で作成できるアカウントなので、プログラムを組み立てる前に済ませておくと良いでしょう。



それとアカウント内にある設定を多少変更する必要があり、これについてはGoogleMapsAPIsのホームページなどを確認すると良いです。
これで自分の好きなように地図をカスタマイズすることが出来ます。